マナまなBeeの日本語学習のプログラムの特徴 〜予習編〜

もうすぐマナまなBeeのおためしコースがスタートします。それに先立ち、マナまなBeeのプログラムの特徴をご紹介いたします。

<マナまなBeeのプログラムの概要>

・マナまなBeeの教室は週1回。各回、予習・授業・復習の3ステップで、学習内容を身につけます。

・お子さんの日本語習熟度に合う内容を学んでいただきます。

「予習→授業→復習」と学習を進め、段階的に言葉やその使い方を定着させていくプログラムです。オンラインでも学びやすい学習コンテンツとツールをご提供します。

今回は、予習のやり方についてお話しさせてください。

*************************

ひたすらに書き続ける漢字練習はしない!タッチパネルで触れて、唱えて、学ぶ

各回の授業を通して、お子さんには漢字の学習を軸に、扱える語彙の幅を広げてもらいます。

とはいえ、漢字を何回もノートに書き続けて覚えるやり方はしません。

予習用の教材は下記のふたつ。

・「ミチムラ式漢字学習法」を実践できるeBook

・マナまなBeeオリジナルの学習コンテンツ

どちらもタブレット、スマートフォンのタッチパネルを使用する教材です。

基本的に「手や目だけでなく、耳や口も使って、漢字を覚える負担を減らそう」「漢字単体で覚えるのではなく、いくつもの読み方や使われている言葉も含めて学ぼう」といった考え方のもと、教材を選び、作成しています。

「ミチムラ式漢字学習法」は、“唱えて覚える”を合言葉に、漢字のつくりを音で覚えることで、頭の中にイメージを定着させる方法です。

例えば、“羽”という漢字なら、「かぎはね + ン、かぎはね + ン」というように構造を唱えて覚えていく。さらに、その漢字を使った熟語などもいくつも紹介されています。(参考:ミチムラ式漢字学習法Webサイト

マナまなBeeオリジナルの学習コンテンツでは、ミチムラ式の教材の内容とリンクさせながら、各回に学ぶ漢字の構造、読み、送り仮名、使用する言葉などの問いを出題。ゲーム感覚で解きながら、知識を定着させます。とくに大切だと考えているのは、漢字の形やひとつの読み方だけでなく、いろいろな使われ方を知ること。送り仮名が変われば、読み方も変わって、使われる場面も変わってくる。実際のコミュニケーションで漢字を使いこなすための下地となる幅広い知識に、予習の段階で触れてもらう狙いです。

授業では、予習で学んだ知識を使い、先生や友人とやりとりしながら学んでもらいます。そんな授業のやり方の特徴については、次回ご紹介します。

タッチパネルで並び替えて漢字をつくる問題の例です。

***お知らせ***

マナまなBeeのおためしコース(無料)の参加者をまもなく募集します!ご興味を持っていただいている方は、SNSのフォロー、ブログのチェックをお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です